パワーバランスと電磁力 潜在能力を発揮させる

パワーバランスは人間を巨大な乾電池と見立てるとより理解しやすいでしょう。

 

体のエネルギーは体外から取り入れた食物の有機化合物から、電解分子の化学反応の複雑な過程を経て生成される電磁力が主なものです。

 

呼吸、筋肉、脳、などあらゆる運動が電気的シナプスの刺激によって支配されています。

 

人間がもっている潜在能力を極限に発揮するには、体の内側にあるイオン分子を、パワーバランスなどによって効率的かつバランスよく電気的な力へと変えていくことが一番の要です。

 

人間の身体には電磁的な波動が究極的なバランスにある状態があるとされますが、生体化学の分野や医療現場で、体から発する電磁気的な運動や、体のそとにある電磁的なエナジーがどのうように体の中の電解質に作用するのか、また効率的にエネルギーとなるのかの研究がなされてきました。

 

巨大な乾電池の人間は電磁的な波動は、人間の脳波とも共通する7.8ヘルツと一般には認識されていますが、人間がなんの抑制もなく潜在能力を発揮する瞬間という場面では、この周波数帯になります。

 

人間はストレスを受けやすい動物であり、心のストレスや病気、ケガ、外的な要因などにより体内のエネルギーの変換がうまく作動しないことが起こるわけです。

 

パワーバランスは、ストレスのないより人間が潜在能力を発揮しやすい状態にすることを助けます。

 

パワーバランスとホログラム@医療現場で使用されるシリコン製ブレス